ジェニファー・ジュリアンのみんなで美味しくボン・マルシェ | Qualiter Letter

パリの人気&美味しいレストラン

皆様、
ボンジュール♫サヴァですか?

今日はパリをご案内の続きで、最近のお気に入りのレストランをご紹介したいと思います。
夏休みやお盆にパリに行かれる方がいらっしゃれば、役に立つのではないかと思っています。

まず、2013年にパリのベストビストロとして選ばれた
Le Cornichon「ル・コルニション」というレストランをご紹介したいと思います。

私は去年初めて訪れたのですが、大好きなレストランになったので、
あれからパリに行く度に必ず食べに行っています。

お料理はクラシックでありながらモダンなタッチもあり、最高に美味しいです。

前菜からデザートまで大満足しますし、手頃なコースを頂けます。
前菜・メイン・デザートのコースはたった35ユーロです。
(パリのディナーとしては割と安い方です。)
 


こちらは前菜として頂いた、にべのカルパッチョです。
 


イベリコ豚のソスィソン(乾燥したサラミみたいなソーセージ)を注文したら
こんな素敵な出し方をされました。


ココナツミルクのイカのカレーで〜す。
滑らかでとても美味しかったです!
  


セージ風味の豚肉のポワレです。
旬のものしか使わないお店なので、
季節によって楽しめるお料理は幅広いです。



フランス人は、今日は贅沢にしよう!と思う時には、
大好物の牛の助骨に付いている背肉「コート・ドゥ・ブッフ」を注文しますが、
ル・コルニションの「コート・ドゥ・ブッフ」は厚くて柔らかくジューシーで絶品でした。
 

こちらはマロンのスフレなのですが、日本人のパティシエが作っていますよ〜。  

 


実は「ル・コルニション」のオーナー様、
ご主人はフランス人で奥様は日本人、
いろいろなところにこだわりがあるお店になっています。

お料理だけではなく、
サービスにもインテリアにもこだわりがたくさんあるレストランなんです。

ベストビストロとして選ばれた後も、サービスも気取らずとてもフレンドリーで
非常に親切だと思います。ありがたいですね。
やっぱりお料理がいくら美味しくても
スタッフの方と楽しく交流ができないと寂しいと思いますので・・・。



  
    こちらは「ル・コルニション」のお店の中です。




もう一つお薦めしたいレストランは、
去年大好きなシャンパンの生産者に薦められた
Le Saturne「ル・サテゥルヌ」というお店です。

“わびさび”な雰囲気を持っているレストランで
お料理も和食のインスピレーションでとても良かったです。

私は基本的に伝統的なお料理が好きなのですが、
味わいがとても繊細で上品だったので、
大好きなシャンパンと最高の組み合わせとなりました。

コースは6品のお任せコースになりますが、
一皿は80gでお野菜が多く使われ、軽く感じられます。
そういうわけで日本からパリに着いた日に食べに行くことをお薦めします。

飛行機での長旅に疲れている可能性が高いので、
美食を頂こうと思ったら「ル・サテゥルヌ」のような
消化しやすいお料理を頂くのが正解ですね。

ちなみにワインセレクションも素晴らしいです。

以前頂いたお任せコースはこんな感じでした↓


  
いかがですか?
パリに行ったら是非行って見てくださいね〜。では、ボン・ヴォワヤージュ♫

***************************************************
Le CornichonのHPはこちら↓
http://www.lecornichon.fr/

Le SaturneのHPはこちら↓
http://www.saturne-paris.fr/



*****

さて、突然ですが、今回でこのコラムを一旦休止することになりました。
長い間ご愛読頂きましてありがとうございました。
また皆さまとお会いできることを楽しみにしています。
Merci, au revoir et à bientôt !

ジェニファー
 



 

モンマルトル

皆様、ボンジュール♫ もうすっかり春になりましたね。
今が一番いい季節・・・
寒い冬と梅雨、暑すぎる夏の前に一番過ごしやすい時期ですね。


さて、前回の続きとなるのですが、
パリのお薦めの観光スポット「モンマルトル」をご紹介します。

パリで一番高い丘「モンマルトルの丘」として有名ですが、
私にとってはパワースポットでもあります。

そんなモンマルトルの、あまり知られていない
楽しみ方を発見していただけるかもしれませんよ〜。


  


当然モンマルトルに行くと「サクレクール寺院」は観光スポットとして定番なのですが、
モンマルトルにぶどう畑があるってごぞんじですか?



  


はい、そうです!パリのど真ん中に・・・、
世界でも有名な観光スポット「モンマルトルの丘」に、ぶどう畑があるんです。


  

  


Rue Saint Vincent(サン・ヴァンサン通り)に位置していますが、
サクレクール寺院の近くになります。

多くの方々は観光の順番として、
サクレクール寺院を見学してから裏にあるお土産のエリアに移動するのですが、
こういった観光ルートを少し離れると、モンマルトルのぶどう畑を見ることができます。

  

  

  


私のお薦めはサクレクール寺院を見学してから
モンマルトルのぶどう畑を見に行くことです。
ついでに手前にあるLapin Agile 「ラパン・アジール」というキャバレーを見てください。
(キャバレーとはダンスやコメディショーが行われていたところです。)

19世紀の前半にオープンしたキャバレーで、とても可愛らしい一軒家になっています。

  

ショー(主にシャンソン)を聞きがら一杯飲み、
他のお客様と一緒に歌いながら交流しながら、楽しい一晩を過ごせる場所です。

フランスの地方から来るお客様も多いですよ〜。
パリの行くべき観光スポットの一つだと思われていますが、
今でもフランスのキャバレーの伝統を守っている数少ないお店です。
古きフランスを感じられる場所ですから、すごくお薦めですよ。

  
  

この近くにモンマルトルの美術館もあります。
可愛らしい美術館で企画展(一時展示)があるので、
定期的に訪れても違うものが見られる美術館です。

  

  

  

私が以前行った時はジャン・マレー氏の展示でした。
フランスの有名な俳優で興味深い展示でしたよ〜。

終わってからお土産のエリアに行くことと
モンマルトルのプティトレンに乗ることをお薦めしたいと思います!

  


サクレクール寺院からお土産のエリアに向かうと、
タクシーの乗り場とプティトレンの乗り場があります。
一般的にあまり回らないところにも回るので、
モンマルトルの別の顔を案内してくれるのです。

パリに行ったら是非モンマルトルを訪れてくださいね!
ではでは、Bon voyage ! (ボン・ヴォワヤージュ=いい旅を!)
 

ジェニファー


 



 

ジェニファーの プティ パリ ツアー

皆さま、ボンジュール♪サヴァですか?
私はこの間フランスに行ってきました。久しぶりのパリは楽しかったですよ〜。

やっぱりパリは素敵な街です。
長い歴史をもつ建築物に溢れ、フランスの歴史を感じる街だと思いますが、

美食の天国でもあるので、最高の旅になりました。


  


何十回と行ったとしても私はボルドー出身なので、
パリに行く度に観光客の気分になります。

そして短い滞在になっても必ず訪ねる場所があります。
今日は「半日でOK!ジェニファー流のパリの楽しみ方」をご紹介します。

私がパリに行く度に必ず遊びに行くエリアは9区のエリアになります。
まずご存じのGaleries Lafayette「ギャラリー・ラファイエット」
Printemps「プランタン」という有名なデパートで買い物をします。

両方のデパートは隣に位置し、化粧品から洋服まで素晴らしい品揃えですので、
買い物をし過ぎないようにご注意を!(笑)


でもやっぱり日本にないブランド、もしくは日本よりも安く買えるものが多いので、
パリのデパートに行くと買い物をしまくりますね!

中でも私にとって「ギャラリー・ラファイエット」の一番危険なコーナーは、
Lafayette Gourmet「ラファイエット・グルメ」になります。

その名の通り食材を買えるコーナーになり、販売されているものは
食材やケータリングからワインまで、すべて最高品質のもので美味しそうです。
行く度に見たことがない新商品を発見してしまいます。
グルメに欠かせない一つのスポットです。

買い物が終わってから時間があれば、
「マドレーヌ寺院」Eglise de la Madeleine経由で歩いてオペラ座へ移動します。
ギャラリー・ラファイエットからマドレーヌ寺院まで歩いて10分もかからないし、
途中でまた良いお店がたくさんあるので、楽しい散歩になります。
マドレーヌ寺院も素晴らしい建物なので、お奨めします。

買い物が終わってから Place de la Madeleine「マドレーヌ広場」
Fauchon「フォション」でマドレーヌ寺院を眺めながら
お茶をするのは私のお決まりのルーティンなのですが、
有名なHédiard「エディアール」のお店もありますので、お好みで選んでください。

知名度が高いMaille「マイユ」のお店もあるので、
マスタードがお好きであれば、是非訪ねてみてください。
日本では見たことがない種類で溢れていますので、美味しいお土産が買えますよ〜。

それからマドレーヌ広場からRue Royale「ロワイヤル通り」に出られるのですが、
有名なLadurée「ラデュレ」の本店あるので、少し足を延ばして是非見に行ってください。


  

ラデュレの本店でお茶をするのも最高のひとときになりますが、
残念ながらいつもすごく混んでいるので、時間がなければなかなか難しいです。
パリの観光スポットとして見られているお店ですね!

最後にマドレーヌ広場辺りでいろいろと楽しんでから
また10分もかからないので、歩いてオペラ座まで戻ります。

立派なオペラ座の前で素敵な写真を撮り、その後、素敵なディナーを頂きます!

  


ゴージャズで素敵なディナーは
Café de la Paix「カフェ・デュ・ラ・ペ」というお店で頂きます。

オペラ座の正面の左側に位置しているお店です。
1862年にオープンしたお店で、
古き良き時代にタイムスリップをさせてくれる、私が大好きなレストランです。
もし最後の晩餐をパリで頂けるのなら、このお店で頂きたいぐらい大好きなのです。

プリンセスの気分にさせてくれるし、お料理は最高に美味しいので、
パリに行くと必ず食べに行きます。

  


ブランチもお奨めしますよ〜。日曜日にしかやっていないのですが、
88ユーロでロゼシャンパーニュのグラスと、
最高に美味しい食べ物は食べ放題なので、機会があれば、是非試してください。

ただし予約が必要です。

こちらはブランチの海の幸のコーナーです↓
  


こちらはデザートのコーナーです↓
  


最後にカフェ・デュ・ラ・ペでのおススメは「ミルフィーユ」です。
伝統的なレシピで作られています。
私はクラシックなケーキが大好きなので、ここのミルフィーユが大好物です。

  


以上、ジェニファーのプティパリ案内でした。

もちろん順番を変えてもいいですよ〜。

カフェ・デュ・ラ・ペのランチも美味しいし、
デパートの夜の外観も綺麗なので、日が暮れてから行くチャンスもあれば、
良いと思いますよ〜。



夜のプランタンです↓
  



ではでは、bon voyage ! ボン・ヴォアヤージュ♪(=良い旅を!)

ジェニファー




***お奨めの場所の情報は詳しく下記のリンクで調べられます***

「ギャラリー・ラファイエット」のホームページはこちらになります↓
http://haussmann.galerieslafayette.com/ja/
  
「プランタン」のホームページはこちら↓
http://www.printempsparis.jp/
  
「カフェ・デュ・ラ・ペ」のホームページはこちら↓
http://www.cafedelapaix.fr/jp/index.php
   
「マイユ」のホームページはこちら↓
http://www.maille.co.uk/boutiques/paris.list



 



 
| 1/15PAGES | >>