ジェニファー・ジュリアンのみんなで美味しくボン・マルシェ | Qualiter Letter

クリスマスのご褒美

 


皆さま、

Bonjour, ça va ?
いよいよクリスマスとお正月ですね。
フランスでは子どもから大人まで一番楽しみにしている時期です。
ゴージャスな食事とパーティーで、一年の中で一番盛り上がる時期ですからね!


 
       クリスマスの雰囲気作りはフランス人にとって、とても大切です!



クリスマスは家族で過ごすお祝いでプレゼント交換したり、贅沢な食事を頂いたりします。
だから私は日本に来た時にびっくりしました。
クリスマスはレストランでデートしている人が多いと聞いて、バレンタインのようだと思いました。

それに日本では25日はお仕事だということでも、とても驚きました。
フランスでは25日もクリスマスのお祝いをする為、
お昼から夕方まで素敵なランチを頂きますからね!

実は多くのフランス人は、クリスマスとお正月を挟んで年末に少なくとも1週間休みます。
子どもと過ごせる貴重な時間になるからです。

お正月は家族やお友達同士で過ごすお祝いで、
特にイヴにはカウントダウンで盛り上がるので、賑やかなパーティーになります。
当然こういったパーティーに美味しいシャンパンは欠かせませんね。


 
     年末に欠かせない美味しいシャンパンとデザート♪



クリスマスは基本的に家で過ごすけど、イヴは家でも外でも過ごします。
イヴは朝まで踊りたいという人が多いので、外で過ごす人が多いかもしれません。
レストランはいっぱいで、パーティー用の会場もいっぱいなんですね。
 

 


           レストランでも豪華な雰囲気は年末の定番です。


さて、クリスマスにもお正月にも使えるお料理をご紹介したいと思います。
ご存じのようにフランスでは鴨が手に入りやすく、贅沢感を与えてくれる食材です。

今回はそんな鴨を使った、とても簡単に出来る一品
Aiguillettes de canard et champignons sautés「鴨のエギュイエットとキノコのソテー」です。

"エギュイエット"とは、鴨の胸肉を繊維方向に長細くカットされたお肉で、
フランスではどこでも売っているのですが、
もし手に入らなかったらこのレシピの写真のように
マグレ(鴨の胸肉)をカットしたら簡単にエギュイエットになります。

ボルドーにいたら私は必ずセップ茸で作るのですが、お好みのキノコで大丈夫ですよ〜。
この一品はエギュイエットとキノコを炒めるだけなので、すぐ出来る一品です!

ぜひお試し下さいね!

ジェニファー


          エギュイエットとセップ茸のソテーです。



材料(2〜3人前)
・エギュイエット 200グラム程度

・お好みのキノコ 適量
・オリーブオイル 少々
・塩と粗挽きこしょう 適量

作り方
①フライパンにオリーブオイルをひき、キノコを入れ、2分ぐらいキノコを炒めます。
②塩とこしょうをふり、さらに2〜3分程度炒めます。
③火が通った茸はフライパンの横に置き、
空いたスペースでエギュイエットの両面1分半〜2分程度を焼きます。
④塩とこしょうをふり、火を止め、お皿に盛りつけて出来上がりです♪

    

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-jenni.jugem.jp/trackback/31
クリスマスのレシピ | ジェニファー・ジュリアン Mon blog! | 2012/12/20 12:50 PM
皆さま、